旅だちの虹

二月の終わりの日の朝 朝日の中、小雨が降っていた 少し小走りぎみに歩き始めたその時 目の前に大きな虹がかかっていた。 間近に迫った、新たなる旅だちを賛するがごとく
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more